« SUBARU100周年記念テレビ | トップページ | チェーンソーの講習 »

2017年5月 3日 (水)

シン・ゴジラと憲法70周年

昨年の年末特番で元防衛大臣の方が出演されていた際、シン・ゴジラについてを政治家としての視点を話されていて(その方の個人的な見解として話してをされていました)災害の視点から、とても気になっていたシン・ゴジラをやっと観ました。
監督はエヴァンゲリオンの庵野秀明さん。展開や構図?が漫画を読んでいるような感覚と、アクション映画のような展開に目を離せませんでした。
シン・ゴジラの公式サイトをいただくとわかりますが、「現実(日本)対ゴジラ」
さて、なんのことかと思いますが、見て納得。
想定外の出来事に政府が対応をこまねいている内に事態が悪化していってしまいます。
ゴジラは災害か?害虫か?
害虫駆除に自衛隊を始動させた前例がないのでは?
いざ出没したが、対応を考える会議を開く前の会議をするなどなど。
ゴジラの対応のために自衛隊を始動させるには、憲法が云々・・・。
2013年の北朝鮮の弾道ミサイル発射されたときの、日本の対応を思いだしました。
 
今、日本の憲法が改正されてしまうかもしれない危機に陥っています。
私は、自国を守るのに憲法の改正が必要だと考えられません。
憲法の改正をする前に、シン・ゴジラでも表現されているように、改めなければならないことは他にあるのではないでしょうか.。
 
 
5月1日のNHKスペシャル憲法70周年 「平和国家はこうして生まれた」を観ました。
ぜひ、みなさんも興味がある人もない人も日本で生まれ育った人であれば、一度はご覧いただきたいですconfident
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170430

|

« SUBARU100周年記念テレビ | トップページ | チェーンソーの講習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SUBARU100周年記念テレビ | トップページ | チェーンソーの講習 »